結婚式の髪型のマナー!ハーフアップ・ロング・ショートのおすすめスタイル【ゲスト編】

結婚式の髪型のマナー!ハーフアップはあり?なし?ロング・ショート・ボブのおすすめスタイル&NGスタイル【お呼ばれゲスト編】

結婚式の髪型のマナーについてまとめました!

結婚式のゲストの髪型は、ドレスと同様に注目されやすいポイントのひとつ。

ハーフアップなどは、初心者でも意外と簡単に華やかな髪型にすることが可能ですよね。

ロング・ショート・ボブなど髪の長さによっておすすめのスタイルがありますが、結婚式のマナーとしてNGスタイルもあるのでしょうか?

今回は、お呼ばれゲストとしてふさわしい結婚式の髪型のマナーについてご紹介したいと思います!

結婚式の髪型マナー!基本ポイントとNGスタイル&ヘアアクセサリー

結婚式の髪型マナーの基本ポイントと、NGスタイル、NGヘアアクセサリーなどについてまとめました。

結婚式の髪型マナー!基本ポイントとNGスタイル&ヘアアクセサリー

まず結婚式のマナーとして、お呼ばれゲストの髪型の基本ポイントは、「花嫁よりも控えめ」かつ「華やかなスタイル」です。

完全なダウンスタイルは「カジュアル」とされるため、髪が長い方はフォーマルなシーンでは控えた方が良いでしょう。

髪を全てまとめるか、ハーフアップにしても女性らしく華やかな印象になります。

そして、シンプルなヘアゴムだけを使うのではなく、上品でフォーマル感のあるヘアアクセサリーを使うのがおすすめ。

 

逆に、NGマナーとなるヘアアクセサリーは、花嫁のイメージと被る“大きな花モチーフ” “ティアラ”“真っ白で目立つ”といったものや、逆にカジュアルになるプラスチックや布素材のもの(サテンやシフォンなどはOK)。

これらを避けることが大切ですよ。

カチューシャ自体はカジュアルなものですが、パールやビジューをあしらったフォーマル用のものが多く販売されているので、そういったものであればOKです。

 

結婚式のヘアアクセサリー(髪飾り)のマナーについては下のページにより詳しく書きました!よかったら参考にしてください。

↓↓↓

結婚式の髪飾りのマナー!髪型に合わせた選び方でお呼ばれを華やかに

結婚式ではマナー的におすすめの髪飾りも、逆にNGとなってしまうものもあります。

式が執り行われる会場や時間帯によってもマナーに合う髪飾りは変わってきますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

なお、このページでは「女性ゲストの結婚式の髪型マナー」を中心にご紹介しています。

男性ゲストの髪型についてはこちらのページに詳しく書いていますので、こちらもチェックしてみてください。

↓↓↓

結婚式のマナー【男性ゲスト編】服装・ネクタイ・持ち物・バッグ等のOK&NGパターン

上の記事では、男性の髪型マナーはもちろん、男性の結婚式の服装や持ち物などのマナーについても紹介していますよ。

結婚式の髪型マナー!ハーフアップやダウンスタイルはあり?なし?を調査

結婚式の髪型マナーでは、ハーフアップやダウンスタイルはありなのでしょうか?

結婚式の髪型マナー!ハーフアップやダウンスタイルはあり?なし?を調査しました

さきほども少し触れましたが、まず完全なダウンスタイルに関しては基本的にNGです。

ただし肩にかからないショートヘアの場合は、結婚式のマナーとしてダウンスタイルでもOKとされています。

「どうしても髪を下ろしたい」「アップスタイルが苦手、」という方は、ハーフアップであればOKというのが一般的な結婚式のマナーになっています。

ハーフアップとは、耳の横のラインから上あたりの髪をアレンジしたりしてまとめる髪型。

編み込みやくるりんぱ、ヘアアクセサリーをうまく活用することによって、華やかな髪型を作れますよ♪

下ろす髪の部分も、寝癖のような癖がついていないようにしっかりセットしましょう。

真っ直ぐ下ろしても大丈夫ですが、巻髪にするとより一層華やかになるのでおすすめです。

ただし、食事の際などに口元まで髪がかかってしまうような髪型は結婚式のマナーとしてはNGなので注意してくださいね。

まとめると、このようになります。

  • 髪が肩にかかる長さの時は、完全なダウンスタイルはNG!
  • ハーフアップは華やかにまとめて綺麗にセットすればOK!

 

ハーフアップの髪型をすると、目につくのは「うなじ」。

せっかく素敵なアップの髪型にしても、うなじがムダ毛でボウボウだったり、未処理の産毛が目立つと興ざめ。。

とくに後ろから見た姿は自分では確認しづらいので、気づかずそのまま結婚式に行くと恥すかしいことに……(/ω\)

そんな時には「脱毛」がおすすめです!

こちらのページでは、結婚式に欠かせない脱毛の情報を詳しく紹介しています。

↓↓↓

結婚式お呼ばれの脱毛人気ランキング!今や必須のマナー!

私も結婚式でフォーマルな装いをするときは、うなじやもみあげ、顔全体の産毛などのムダ毛チェックを念入りにします。

なぜなら、自分も恥すかしい思いをするし。

なによりせっかく結婚式に呼んでくれた大切な人に対しても、申し訳なく思っちゃうから。

結婚式の日程が決まっているなら、それに合わせて思い切って脱毛してみませんか?

おすすめの人気脱毛サロンもランキング形式で紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

結婚式の髪型マナー!ロングヘアのおすすめ髪型とNG髪型

結婚式の髪型マナーのなかでも、ロングヘアについてまとめました!

結婚式の髪型マナー!ロングヘアのおすすめ髪型とNG髪型

ロングヘアの場合、結婚式の髪型のマナーとして、おすすめの髪型やNGの髪型ってあるのでしょうか?

結婚式のマナーとしてロングヘアを綺麗にまとめるには、編み込みやくるりんぱ、ポニーテール、シニヨン、巻髪などを組み合わせて作るというのが定番人気です。

編み込みはサイドに入れたり前髪に入れたり、くるりんぱした髪に加えるなど汎用性がかなり高いですよね。

ただサイドの髪を編み込みにして後頭部でつなぐだけでもキレイになります。

シニヨンヘアは少しコツがいりますが、ロングヘアが一気に華やかにまとまるのでおすすめです。

できる方はフィッシュボーンを作り一本にまとめ、ヘアアクセサリーを散りばめるととってもおしゃれ。

ヘアアレンジが苦手な方は無理をせず、美容院などでやってもらうと安心です。

一方、ただ髪をまとめただけのポニーテールやツインテール、その他カジュアルで地味な髪型は結婚式のマナーとしてふさわしくないので避けましょう。

結婚式の髪型マナー!ショートヘアのおすすめ髪型とNG髪型

結婚式の髪型マナーで、次に紹介するのはショートヘアアレンジのおすすめです!

結婚式の髪型マナー!ショートヘアのおすすめ髪型とNG髪型

基本的に結婚式のマナーではダウンスタイルがNGとされていますが、例外として肩につかないくらいのショートヘアの場合はダウンスタイルでもOKとされています。

その場合でも、寝癖がついていたり、食事をするときに口元に髪がついてしまうのは結婚式のマナーとしてNGです。

もしもダウンスタイルで結婚式に行く場合でも、スプレーやワックスで固めたりツヤを出すようにすると清潔感が出てフォーマルな印象になります。

 

結婚式のマナーに合うショートヘアのアレンジは、顔回りの毛を編み込んでピンで止めたり、カチューシャをしてもとても可愛らしいですね。

バレッタなどで髪を止めて毛先を軽く巻いたりしてもとても華やかになるのでおすすめです。

毛先が重たくないショートの場合は、最近流行の外はねスタイルもおしゃれです。

全体的に濡れ感を出して毛先を外向きに少し遊ばせると、色っぽくてヘルシーな印象になりますよ。

結婚式の髪型マナー!ボブヘアのおすすめ髪型とNG髪型

結婚式の髪型マナー。最後にご紹介するのは、ボブヘアのおすすめ髪型とNG髪型です。

結婚式の髪型マナー!ボブヘアのおすすめ髪型とNG髪型

ボブヘアのように毛先にやや重さがあるタイプの髪型では、全体的に野暮ったく見えないようにするのが結婚式のマナーのポイントです。

ショートヘアと同じく、寝癖がついていたり、下を向いたときに髪がだらんと垂れ下がってきて不潔な印象を与えないかを注意しましょう。

結婚式のマナーとしておすすめの髪型は、おでこの両サイドの髪の毛をねじって後ろで一つに止め、止めてある場所の上から後頭部の髪をランダムに引っ張り出して抜け感を出したスタイルです。

この髪型は、最初に全体をワックスなどで動きやすくしていくのがポイントです。

それから、ボブヘアは普通のショートケアよりも毛量があるため、実はハーフアップもおすすめです。

このハーフアップも簡単に作れちゃいます!

まず最初に全体に強めのカールをかけておき、半分から上の髪をくるりんぱしたり、編み込んでヘアアクセサリーで止めましょう。

それだけでも、結構作り込んだスタイルに見えますよ。

そのあと、残った下の髪はワックスなどで束感を出しておくと、より洗練された雰囲気になります♪

 

結婚式にお呼ばれすると、毎回違う髪型に合わせて、ドレスを毎回買いそろえるのは大変……。

私も一時期、2か月ごとに友人の結婚式が続いたことがあり、毎回同じドレスで出席するわけにもいかず本当に悩みました。。。

でも、そんなときはレンタルドレスががオススメなんです!

ドレスや小物をレンタルすれば、好きな髪型に合わせてドレスもバッグも靴も、おしゃれにトータルコーディネートできちゃいます。

買うには高価すぎる憧れのブランドドレスやバッグだって、レンタルなら毎回違うのを借りられて気分もアップ(≧▽≦)♪

 

私が今まで利用した中で一番良かったのは「おしゃれコンシャス」です!

おしゃれコンシャスは商品数が業界一で、好きなデザインのドレスを選び放題!

しかも、3日レンタルしても1週間レンタルしても追加料金が無いので安心でした。

今なら8000円以上利用で往復送料が無料になるお得なキャンペーン中なので、まずはこちらを見てみてください↓

おしゃれコンシャス

公式サイト:https://dress-cons.com/

(リンクが飛ばない場合はキャンペーンが終わっています。ごめんなさい。)

 

おしゃれコンシャスは20代、30代、40代……など年代に合ったパーティードレスを選べるのが特徴。

TPOやマナーに合った上品な装いが簡単に仕上がります♪

私も、その時しか着られない素敵なドレスを選べるので、何度もリピートしちゃってますよ。(笑)

 

結婚式ゲストの服装マナーについてもっと知りたい!

……そんな方のために、こちらのページで結婚式の服装マナーをくわしく説明しています。

↓↓↓

結婚式の服装マナー!パンツドレスや靴・バッグ・アクセサリーの選び方やNGライン【お呼ばれゲスト編】

そういえば、最近は結婚式でオールインワンのパンツドレスをよく見かけるようになりましたよね。

以前は「結婚式にパンツスタイルってどうなの……?」という目で見られることもありましたが(^^;)

マナーも流行も、その時代に合わせて変わるもの。

今ではオールインワンはすっかり市民権を得ているみたいです。

服装マナーをふまえたオシャレで素敵な装いで、晴れの日をハッピーに盛り上げましょう♪

 

「結婚式のネイルにもマナーはあるの……?」

ドレスや髪型をばっちり決めたら、ネイルも気になりますね!

結婚式のネイルのマナーについてはこちらのページに詳しく書きましたので、ぜひ参考にしてください。

↓↓↓

結婚式のネイルマナー!OK・NGの線引きとおすすめデザイン5選

結婚式にしていくOKネイルとNGネイルや、親族・友人・同僚の関係別におすすめなネイルもご紹介しています。

結婚式の髪型マナー!親族のおすすめ髪型とNG髪型

結婚式の髪型マナーの番外編として、親族のおすすめの髪型をご紹介します!

結婚式の髪型マナー!親族のおすすめ髪型とNG髪型

親族として結婚式に出席する場合、結婚式の髪型のマナー的にみると、通常のお呼ばれゲストとは何か違いがあるのでしょうか?

実は、親族の髪型の場合は、ゲストよりもやや控えめにするというのがマナーとされています。

毛先を綺麗にしまい込んだシニヨンスタイルや夜会巻きは親族の髪型の中でも定番で、上品かつ控えめな華やかさを演出することができます。

またショートの場合はそのまま整髪剤で整えるだけか、前髪やサイドを軽くねじって留めただけのシンプルなスタイルでもOKです。

ゲストと同じように編み込みや巻き髪スタイルでも大丈夫ですが、親族はゲストよりもさらに新婦を引き立たさなければいけないポジションになります。

ですから、もしもヘアアクセサリーを使う場合は控えめにしましょう。

特に、花嫁のイメージと被るような真っ白なものであったり、造花をあしらったものは避けた方が良いでしょう。

またゲストと同じように、ロングの場合はダウンスタイルを避け、毛先を出す場合でもあまり遊び感が出過ぎないように気をつけましょう。

 

ここまでご紹介した親族の方へのおすすめ髪型は、服装が洋装でも和装でも通用する髪型のマナーです。

でも、親族の場合はとくに、「結婚式には着物で出席したい!」と思う方もいらっしゃるでしょう。

着物のマナーというと、ふだんは気に留めたことのない方も多いはず。

いざ着物を着るとなると、髪型を含め着物の選び方や立ち居振る舞いなど分からないことも出てきますよね?

こちらのページに詳しく書いているのでよかったらチェックしてみてください。

↓↓↓

結婚式の着物マナー!訪問着・振袖・黒留袖の選び方のポイントや立ち居振る舞いで気を付けるべきこと【お呼ばれゲストの和装編】

親族だったらどんな格の着物を選べば良い……?

着物は季節によっても種類や柄が違ってくるもの。

せっかくの結婚式で恥をかかないで済むように、しっかり準備することが大切ですよ♪

 

親族の結婚式のマナー全般についてはこちらのページで詳しくご紹介しています。

↓↓↓

結婚式のマナー!親族や兄弟の挨拶タイミングや服装・髪型・お酌の仕方

主役である新郎新婦の親族としてどう立ち居振る舞えばよいのか、分からないことが出てきたらぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。