結婚式に「平服で」と言われたときのお呼ばれ服装マナーとOK&NGパターン

結婚式に「平服で」と言われた場合のお呼ばれ服装OK&NGマナー

結婚式に「平服で」と言われた際のマナーについてご存知でしょうか?

結婚式といえば、ドレスアップしていくものというイメージが強いかもしれません。

でも、たまに平服指定の結婚式もありますよね。

あまり頻繁に呼ばれることのない式では、どんな格好をしていったらいいのか迷うことも多いはず。

そこで、今回は結婚式に「平服で」と言われた際のマナーについて詳しくご紹介していきます。

結婚式の平服の意味って?会費制結婚式の服装とは

結婚式に「平服で来てください」と言われた場合の意味はどんなものなのでしょうか?

結婚式の平服の意味って?会費制結婚式の服装とは

一般的には結婚式のようなフォーマルな場でのドレスコードについては、「正礼装」「準礼装」「略礼装」の3つに分かれます。

 

正礼装は男性の場合は燕尾服やモーニング、女性の場合はアフタヌーンドレスやイブニングドレスを指します。

準礼装は男性の場合はタキシードやディレクターズスーツ、女性の場合はセミアフタヌーンドレスやカクテルドレスを指します。

 

そして最後の略礼装がいわゆる平服と言われるものです。

結婚式に「平服で来てください」と言われたらこの略礼装を選びます。

 

つまり、「正礼装や準礼装でなくて問題ないですよ」というのが、「結婚式に平服で」の意味になります。

また、結婚式に平服でと言われることは、会費制結婚式に多いです。

 

会費制結婚式はご祝儀ではなく、最初から一律に決められた会費を集めて行う結婚式。

宗教や形式などにとらわれない、アットホームな挙式で現代の若い人たちを中心に広がってきています。

 

会費制結婚式は会費の金額によって、立食ビュッフェなどのパーティー形式の結婚式も多く、そのため「平服で」と言われることも多いようです。

 

ただし、いくら結婚式に平服でと言われてもカジュアルすぎる格好はマナー違反となるため厳禁ですよ。

結婚式の平服のマナー!女性の服装のポイント

結婚式に平服でと言われた際のマナーでは、女性の場合どのようにしたらよいのでしょうか。

結婚式の平服のマナー!女性の服装のポイント

まず、結婚式に平服マナーとして、女性はイブニングドレスやカクテルドレスは選ばないようにしましょう。

イブニングドレスは正礼装、カクテルドレスは準礼装にあたり、結婚式の平服マナーとしては適当ではありません。

 

デニムやTシャツなどのカジュアルすぎる服装も当然NGです。

また、式に参列する際の服装として、花嫁よりも目立つ服装をするのはご法度です。

 

その他にも全身白い服装は、ウェディングドレスと被るのでNG、また胸元などが大きく開いた露出の高い服装もNGですよ。

結婚式の平服マナーについては、女性の服装としてはワンピースや、ブラウスとスカートとジャケットなどの組み合わせがおすすめです。

 

服装のカラーで適切なのは、ネイビーやベージュなどの派手に見えない落ち着いた色です。

ネイビーの落ち着いたワンピースに、パールのネックレスを合わせたフェミニンなスタイルや、生成りのブラウスに黒のパンツを合わせたスタイリッシュなスタイルを選ぶのがおすすめ。

 

ちなみに、平服指定ではない基本的な結婚式の服装マナーについてはこちらのページに詳しく書いていますので参考にしてくださいね。

↓↓↓

結婚式の服装マナー!パンツドレスや靴・バッグ・アクセサリーの選び方やNGライン【お呼ばれゲスト編】

平服でも一般的な結婚式の服装でも、結婚式の服装マナーには最低限の基本的なマナーがあります。

まずはそちらをきちんと押さえてから、「平服」というコードに合った服装を選ぶようにしてみましょう!

そうすれば、ゲストとして結婚式の雰囲気を壊さない素敵なお呼ばれコーデが完成しますよ♪

 

結婚式の平服のマナー!男性の服装のポイント

結婚式に平服でと言われた際のマナーで、男性の服装はどのようなものを選べば良いのでしょうか。

結婚式の平服のマナー!男性の服装のポイント

男性の場合、結婚式の平服マナーとしてはまず燕尾服やタキシードは、正礼装、準礼装にあたるためNGです。

結婚式の平服マナーとして適切なのは男性の場合「スーツ」となります。

クリーニングに出して綺麗にしたものか、家でアイロンをかけて皺のない状態になっているスーツを着ていきましょう。

 

また、カラーは男性の場合、ブラックやネイビーなどの落ち着いたダークな色を選ぶようにしましょう。

ネクタイもシルバーが一般的ですが、淡いピンクや水色なども清潔感が出るのでおすすめです。

 

結婚式の平服マナーとして、男性は中に着るシャツについては、基本的に白をおさえておけば間違いありません。

靴は良く磨かれた黒の革靴を。

ヨレヨレで汚いものを穿いていくと失礼にあたります。

 

また、ポケットチーフを胸ポケットに足すとお祝い感が増して華やかになるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに、一般的な男性ゲストの結婚式の服装マナーについてはこちらのページに詳しく書いていますので、チェックしてみてください。

↓↓↓

結婚式のマナー【男性ゲスト編】服装・ネクタイ・持ち物・バッグ等のOK&NGパターン

平服と通常の結婚式用の服装のマナーの違いをおさえておけば、より当日の服装のイメージがはっきりしてくるかもしれません。

結婚式の平服のマナー!二次会お呼ばれ時のポイント

結婚式の平服マナーですが、二次会の場合はどこに気をつけたら良いのでしょうか。

結婚式の平服のマナー!二次会お呼ばれ時のポイント

一般的には二次会は結婚式ほどフォーマルな格好でなくてもよい、と言われています。

しかしそうは言っても、どのような服装が結婚式二次会の平服として適切なのかって迷いますよね。

 

結婚式の平服マナーとして、二次会に呼ばれた場合は、女性はフォーマルなワンピースを選ぶようにしましょう。

その際、ネイビーやブラックなどの落ち着いた色でも良いですが、水色や生成りなどの明るい色でもOKです。

パーティ感が出て場が華やかになり、喜ばれます。

 

また、丈は膝丈程度にしましょう。短すぎると下品に見えてしまいます。

足元はベージュのストッキングと、ヒールのあるパンプスがおすすめです。

 

男性の二次会の平服マナーとしては、まずスーツを着ていくのが基本。ビジネススーツもおすすめです。

色はネイビーやブラックなどの落ち着いたカラーを選び、靴はよく磨いた革靴を選んでください。

 

また、夏の場合は問題ありませんが、冬の場合は女性は肩が出ているワンピースだと寒い場合がありますよね。

その場合は、ボレロを羽織っても問題ありません。

結婚式の平服のマナー!NGパターンはこれ…

結婚式の平服マナーとしてNGなパターンには、どのようなものがあるのでしょうか。

結婚式の平服のマナー!NGパターンはこれ…

まず女性の場合、花嫁と被るような服装はNGというマナーがあります。

結婚式の主役は新郎新婦のため、花嫁と被るような白いドレスを着てきたり、花嫁より目立つような派手な服装はNGです。

 

男性の場合も白いスーツを着てくるのはNGです。

また、いくら平服で良いといわれても、結婚式の平服マナーとしてTシャツやスニーカーなどカジュアルすぎる服装で行くのはNGです。

新郎新婦にとっては一生に一度の結婚式なのですから、きちんとした服装で行きましょう。

 

また、結婚式の平服マナーとしてNGな点は服装以外にもあります。

髪型についても男性はきちんと清潔に整え、女性は髪が長ければ食事中に髪が落ちてこないよう、きちんとヘアセットをしましょう。

美容院などでやってくれますので、自分でセットするのが苦手な方はプロに任せるのが良いでしょう。

 

また結婚式の平服マナーとしてNGなのは、ノーメイクときつすぎる香水です。

大切な場にお呼ばれしているのですから、きちんと結婚式の平服マナーを知ったうえで、NGな服装をしないようにしましょう。

結婚式の平服マナーの疑問:ジーンズ&スニーカーはOK?

結婚式の平服マナーでは、ジーンズやスニーカーで行っても良いのでしょうか?

結婚式の平服マナーの疑問:ジーンズ&スニーカーはOK?

答えはNGです。

いくら平服でOKと言われても、結婚式は新郎新婦にとっては一生に一度の大事な式典です。

 

近所や友人の家に遊びに出かけるような気楽な格好で向かうのは、結婚式の平服マナー違反と言えます。

お祝いには平服と言えども整った格好で行くのが、結婚式の平服マナーです。

 

ジーンズやスニーカーでは普段着にあたりますし、いくらカジュアルでラフすぎる格好で行くのは厳禁です。

どんなに仲の良い友達でも、おしゃれをしていくのもお祝いのうちにあたります。

 

結婚式の平服マナーを守るには、ジーンズやスニーカーでは行かないようにしましょう。

結婚式の平服マナーの疑問:ノーネクタイでもOK?

結婚式の平服マナーでは、ノーネクタイで行くのはOKなのでしょうか?

結婚式の平服マナーの疑問:ノーネクタイでもOK?

結婚式の平服マナーでは基本的にはノーネクタイはNGです。

理由がない限りは平服と言えども、新郎新婦に迷惑をかけないよう、スーツにネクタイといった整った服装で行きましょう。

 

例外として、親しい友人のみで行われるようなカジュアルな結婚式や、ドレスコードとしてノーネクタイが認められている場合は、ノーネクタイの出席も、結婚式の平服マナーとしてNGになりません。

 

しかし、ノーネクタイが可能である場合も、ネクタイがないと胸元に締まりがなく、だらしなく見えてしまう可能性があります。

結婚式にノーネクタイで参加する場合は、参加する結婚式の参加者の顔触れや、会場を見て、慎重に判断するようにしましょう。

結婚式の平服マナーの疑問:着物でもOK?

結婚式の平服マナーでは、着物で行ってもよいのでしょうか?

結婚式の平服マナーの疑問:平服のとき着物でもOK?

結婚式の平服マナーでは、着物で行っても問題ありません。

ただし、適切な着物の種類があります。何を着ていってもいい訳ではないので注意しましょう。

 

結婚式に平服でと言われた場合、マナーとして着物で行くときは訪問着を選びましょう。

また、着物の柄については派手すぎるものは厳禁です。

控えめで、花嫁よりも目立たないようなシンプルなものにし、セミフォーマルな印象になるよう心掛けてください。

 

結婚式に平服でと言われた時、NGマナーになる着物は黒留袖や色留袖です。

黒留袖や色留袖は新郎新婦の親族が着ることが多く、また最上級の着物にあたる礼装になるため平服には当てはまりません。

結婚式の平服マナーの疑問:親族はどんな服装がよい?

結婚式の平服マナーでは、親族はどんな服装をしたらよいのでしょうか?

結婚式の平服マナーの疑問:親族はどんな服装がよい?

親族の場合、結婚式に平服でと言われてもマナーとしては準礼装を着ていくのがマナーです。

 

女性ならセミアフタヌーンドレスやカクテルドレス、またはセレモニースーツやフォーマルスーツを着るのがおすすめです。

ゲストではなく迎える側として相応しいように、色味は派手ではなく落ち着いたものを選びましょう。

 

男性の場合タキシードやディレクターズスーツを選びましょう。

 

結婚式に平服でと言われても、結婚式はとても大切な式典です。

新郎新婦の新たな門出に相応しい服装をきちんと考えて出席するのが、結婚式の平服マナーと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。